光海_メインイメージ

アホエンはニンニクに含まれている化合物の1つで、血小板凝集抑制作用があるとして1984年に発見されて非常に話題になった成分で、発見以降、様々な効能が確認されています。
特に脳
の活力を高め、老化防止に高価が期待されることが知られており、ほんの少量を摂取するだけで有効成分が吸収され易いのが特徴です。

 

※アホエンという呼び名はスペイン語のニンニク意味するajo(アホ)がその由来

 


光海の自社製アホエンオイルは、60~80℃に温めた良質のエクストラバージンオイルの中に国産ニンニクを入れ、じっくりとその成分を抽出した、体に優しい無添加のアホエンオイルです。


■アホエンオイルの効能〔既に確認されている事例〕
  • ニンニクに含まれているガルリシン、セレンは、ガンの発生を防ぐ。
  • ガルリシンはT細胞を活性化させ、免疫力を高める。
  • ニンニクは抗酸化作用があり老化防止。
  • ニンニクは血糖値を低下させるほか、悪玉コレステロール値も低下させる。
  • ニンニクは血小板が固まるのを防ぎ、血液をサラサラにします。
  • ニンニクは肝臓を保護し肺を守り、気管支炎やぜんそく症状を緩和する。
  • アホエンオイルのニンニクは脳細胞を活性化させる。
  • ニンニクは大腸菌に対し強力な殺菌作用が極めて強い。
  • 高血圧、高血糖、高脂血豆、冠動脈の血管硬化の治療効果が期待される。
  • アホエン養分は、胸腺や肺臓の重量と臓器の指数を高める効果がある。 
    これはリンパ器官の細胞を増殖させる。
  • ニンニクはリンパ球の若返りを回復。
  • 中国の医療チームが、ウガンダのエイズ患者にニンニクを使った治療で症状が明らかに改善された。
旨しお海苔
香味のりゴールド